レッツトライ!しもしも

イラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

2019年iPhoneを買い替えるかどうか考えてみた

   

Apple新作発表ありましたね!
以前の記事で、そろそろスマホの買い替えたいなぁってふつふつとしているので、私の考えをまとめてみました。

現在のiPhoneは「iPhone SE」

今現在使用しているのはiPhone SEです。

iPhone SE – 技術仕様

Retinaディスプレイ IPSテクノロジー搭載4インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ 1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi 800:1コントラスト比(標準) フルsRGB規格 最大輝度500cd/m2(標準) 耐指紋性撥油コーティング 複数の言語と文字の同時表示をサポート 64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ 組み込み型M9モーションコプロセッサ 12MPカメラ ƒ/2.2の開口部 5枚構成のレンズ 5倍デジタルズーム 手ぶれ補正機能を使ったLive Photos ローカルトーンマッピング 顔検出 True Toneフラッシュ サファイアクリスタル製レンズカバー 裏面照射型センサー ハイブリッド赤外線フィルタ Focus Pixelsを使ったオートフォーカス タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用) 露出コントロール ノイズリダクション 写真の自動HDR パノラマ(最大63MP) 自動手ぶれ補正 バーストモード タイマーモード 写真へのジオタグ添付 4Kビデオ撮影(30fps) 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps) 720p HDビデオ撮影(30fps) 3倍デジタルズーム True Toneフラッシュ 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p) 連続オートフォーカスビデオ 顔検出 ノイズリダクション 1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ 4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影 再生ズーム ビデオへのジオタグ添付 Touch IDを使った、アプリケーション内とウェブ上でのiPhoneによる支払い Mac上でのApple Payによる購入の完了 Apple Payについてさらに詳しく LTE(バンド1、2、3、4、5、8、12、13、17、18、19、20、25、26、29) CDMA EV-DO Rev.

充電池の持ちがひどくなってきているのは、もちろんなんですが、今のスマホから買い替えたい理由がいくつかあるのでまとめますね。

今のスマホ、携帯性はバツグンだけど、いろんなアプリの文字が見づらい

買い替えたいなぁ、って思う大きな理由として「今の画面だと画面が小さい」ってこと。

iPhoneでゲームするようになってきて、画面狭っ!!て感じることが多くて。
いま普及している大きさがiPhone8とかなので、今のiPhone SEだと小さくて迫力もちょっと半減しているのかなぁって思い始めています。

そろそろカメラアップデートしたい

ブログの写真はiPhoneのカメラで撮影し、加工・トリミングして使用しています。
新しいカメラ搭載したスマホに買い替えるとモウチョイきれいに撮れるでしょう…。
たぶんきっとおそらく。

iOSは便利なので、スマホのOS変更はしない

どれに変えてもスペックは向上するので、あまり考えなくてもよさげなのですが、OS面も今のままで満足しているので、WindowsPCを使っているけど、とくに困る要素もないので、問題ないですね。

結論は「買い替えするならiPhone11だけど、もうちょっと様子見」

つらつらと今でも買い替えしたいことを書いたんですが、いろんな情報をみていて、結論は「買い替えするならiPhone11だけど、もうちょっと様子見」に落ち着きそうかも……。

その理由を下に話しますね。

買い替え控えようって思った理由

2020年モデルのほうが、スマホとしてのアップデートが大きいかもしれない

2019年版のiPhoneは5Gに対応していないとのことです。

5Gとは、『第5世代移動通信システム(5th Generation)』の略称で、現行の4GやLTEより数十倍の通信速度の新しい規格といわれています。

通信速度が早くなるということは、動画視聴やゲーム・SNSなどの通信のやり取りが良くなるので、スマートフォンにとって大きなアップデートになります。

今年買うと、来年は買い替えは金銭的にもったいない、てか、すぐには買い替えできないであろう。
ということは、今回は買い替えせず、2020年の次モデル待った方が今後ずっと使っていくうえでは、長持ちスペックなのではないかなぁって。

買うなら「iPhone11」の理由はレンズとポートレートライティング

んで、もし買うなら「iPhone11」の理由ですね。
基本スペックはどの端末変えても向上するだろうと思い、カメラにフォーカスしてみて考えてみました。

カメラの機能、比較してみた

でも、正直、公式の仕様見ててもようわからん。

ということで、どういう機能なのかは割愛するとして、アップデートされている機能、追加されている機能がわかるように表にしてみました。

スマホでは超見づらいと思います、すみません。

表左から、iPhone SE、iPhone 8、iPhone 8 Plus、Phone XR、iPhone XS/iPhone XS Max、iPhone11、iPhone 11 Pro/iPhone 11Pro MAXと7種類に分けて比較しています。

表で色が付いているのが、iPhone SEと比較してアップデートされている機能です。色が濃いほど進化している機能ですね。

iPhone SEの技術仕様で記載されていて、他のiPhoneの仕様に言葉の記載がなかったモノは省いています。もしかしたら言葉は異なるが、同じ技術や古い技術があるかもしれないんですけど、区別つけれなかったので、省きました。(すみません。)

まとめてみて思ったのが、カメラは進化し続けているってことなんですよね。どの機種買ってもまぁ、綺麗に撮影できているということになりそうです。

今持っているiPhone SEはf値高いことに驚いた。たしかに、ぼけは少ないなって思ってたんやけど、そうやったんやー。

大きな機能の違いはポートレートとポートレートライティングの機能でしょうか。iPhoneX を使用している友人がかなり綺麗に撮れていると話しているのはおそらくこの機能があるからと思われます。 大きく機能ステップアップするならこれを強化するのがいいかもしれない。

あと、望遠レンズの使う用途が思いつかなかったんですよね。
今のカメラでも外でアップして撮影するのも特にないように感じる……。新しい機能があれば、写真撮る楽しみ方も変わるので、新しい発見あるかもしれませんが……。

今の使い方で3つもレンズいるって思えないってのが正直なところです。なので、買うとしたら、「iPhone11」なのかなぁって。

iPhoneSEケースを買い替えよう

今回買い変えるつもりでいたので、めっちゃぼろぼろのiPhoneケースで過ごしていたのですが、今回買い替えるのも控えようかなって思い始めているので、ケースだけ新調しようかと。

いくら長持ちしているとはいえ、さすがにやばいでしょ。このまま持ち続けると手帳のベルトのところ切れちゃうし。
こんなに切れそうになっているのは、落ないように、ベルトを滑り止め替わりに支えて持つクセになってるからですね。

今使っている、手帳型がとても便利なので、そのままもいいかなぁ。下の手帳型使いやすかったです。なんだかんだずっと持ってる。

初めて手帳型iPhoneケースにトライしてみた【HANATORA】iPhone PUレザー手帳型ケース

メインで使っている iPhoneSE 。 以前から気になっていた手帳型ケースを使うことにしました。初めて手帳型ケースにトライしてみました。せっかくなのでレポートです。 以前使っていたのは、透明ケースです。端末のローズピンクがきれいに見えてて、お手軽ケースだったので気に入っていました。 …

ただ、色を緑系統で持ちたいなぁって思ってたんだけど、上のケースだと色味がないのよね……。ちょっと探してみます。

まとめ

自分の用途で考えるなら、買いかもしれませんが、5Gの機能追加があるのを見越して、新調を先延ばしにすることにしました。
増税控えてはいますが、焦ってモノ買って成功したためしがないので、様子見です。ガジェット貯金もうちょいコツコツ貯めておこう……。

みなさんは買い替えますか?今回まとめたの、参考になれば幸いです。
5Gの件フォローワーさん、情報ありがとうございました。

参考情報

2019年の新型iPhoneを買わなくてもよい理由3つ【5G対応は2020年発売】 | P+arts

『2019年の新型iPhoneは買うべき?2020年に発売されるiPhoneは5G対応になるらしいから迷う…』 2019年の新型iPhoneに関する情報が続々と出てきていますが、『買うべきか見送るべきなのか』迷いますよね。 iPhoneは決して安い買い物ではありません。 毎年買い換えるとなるとかなりの出費となりますので、購入すべきかどうか慎重になるのも頷けます。 結論を簡潔にまとめますと、 『2019年の新型iPhoneは、無理に買わなくても良い』 です。 僕個人の考察も含まれていますので、参考にしつつ、ご一読いただけると幸いです。 ※2019年の新型iPhone 11(iPhone XI)に関しての最新情報や噂、リークについては『 新型iPhone 11(XI)のリークや噂まとめ!発売日や予約開始は2019年のいつ? 』を併せて読んでみてください。 ※Apple公式ストアでは、iPhone XSやiPhone 7以下の取り扱いを終了していますが、 ドコモやau、ソフトバンクのオンラインストアなどではまだ在庫があります。 iPhone 8やXR以外にも、XSや7以下を購入したい場合は、下記のリンクボタンから各キャリアのオンラインストアをご確認ください。 ※古いモデルは、販売終了の可能性がございます \ iPhoneを公式サイトで確認 / 『2019年の新型iPhoneは買うべき?2020年に発売されるiPhoneは5G対応になるらしいから迷う…』 冒頭でも少し触れましたが、 2019年の新型iPhoneを買うべきか、見送るべきなのか悩みますよね。 iPhoneは決して安い買い物ではありません。 毎年買い換えるとなるとかなりの出費となりますので、購入すべきかどうか慎重になるのも頷けます。 購入すべきかどうか、結論を先に言ってしまうと、 『2019年の新型iPhoneは、無理に買わなくても良い』 ですね。 買わなくても良い理由については、下記になります。 2019年の新型iPhoneを無理に買わなくても良い理由 2019年版のiPhoneは5Gに対応しないから 2019年版のiPhoneのデザインは、トリプルカメラになる以外で目新しいアップデートがなさそうだから 2020年版のiPhoneは指紋認証内蔵ディスプレイ(フルスクリーンTouch ID認証)が搭載される可能性があるから それぞれ解説しますね。 2019年の新型iPhoneを無理に買わなくても良い一番の理由が、 『5Gに対応していない』 からです。 5Gとは? 5Gとは、『第5世代移動通信システム(5th Generation)』の略称で、 現行の4GやLTEより数十倍の通信速度の新しい規格とされています。 5Gになるとどうなるのか? 4K動画や高解像度の画像の読み込み、ソシャゲなどの通信量が多い情報に対して、より高速に読み込めるようになります。 通信速度が高速化になるため、2020年以降はYouTubeなどの動画サイトの読み込み速度が大きく改善され、動画市場はさらなる発展につながっていくと考えられます。 5Gに対応するかどうかで、動画やネットなどの読み込み速度などが変わるため、かなり重要なポイントになります。 スマホが5Gに対応するのは2020年以降になりますので、 2019年モデルのiPhoneには対応しません。 そのため、2019年の新型iPhoneの購入はあまりおすすめできません。 2019年版iPhoneのデザインについては、 メインカメラ(背面カメラ)がトリプルカメラになる以外では、目新しいアップデートがない とされています。 そしてこのトリプルカメラのデザインについて、あまり評判が良くないようですね。 ※下記が新型iPhone XIのメインカメラ(背面カメラ)のリークとされています。 This is it Ladies and Gentlemen!

シェアする

 - Interested , ,