レッツトライ!しもしも

エンジニアときどきイラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

新しいiPadOS!?今後のお絵描きライフについて本気出して考えてみた

      2019/06/05

ひさびさの、考えてみた投稿。

2019/06/03にあったAppleの発表。

寝ておきてびっくりした、まさかの新しいiPadOS!?
あれ?2019年にiPad版Photoshop出るってお話では!?

今後のイラスト活動にかなり影響がありそうなので、「WWDC 2019」発表情報をまとめつつ、しもしもが今後どうするか、考えてみました。

「WWDC 2019」iPadでイラスト描いている人に影響がありそうなこと、まとめてみた

日本時間で2019/06/04未明に「WWDC 2019」があり、Apple様々な発表がありました。
私が気になったところをつらつらと。

「iPadOS」今秋リリースへ

これがいちばん驚きだったニュース。
今までiPhoneと同じiOSで動いていたiPadは独自のOS「iPadOS」が今秋リリースされます。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/06/the-new-ipados-powers-unique-experiences-designed-for-ipad/

Apple Pencilのレイテンシ(反応時間)が20msから9msに向上と、ますます紙のように描くことができるようになります。
絵描きにはとてもうれしいですね。

Split Viewで同じアプリも2画面表示・編集が可能に。
新しいジェスチャーがカット、コピー、ペースト、取り消しが増えたり。

カスタムフォントは今後iPad版Photoshopのリリースに向けて公式のOS側が方法を担保してくれることになり、iPadだけで紙面のデザインもやれそうな気がしてきます。

プレスリリースの情報見ていると、iPadがますますクリエーターにとってなくてはならないツールへと進化していきそうな予感がします。

ただ、今までの経験から新しいOSとなると、アプリの挙動がおかしかったり、バグがあったりとすることがあったり。

現在使用しているiPadのアプリが新しい「iPadOS」に対応してくるか、これも開発者の状況を伺わないといけない状態に……。

「macOS Catalina」を発表

Apple previews macOS Catalina

Packed with All-New Features and Apps, plus Sidecar Expands Mac Workspace with iPad San Jose, California – Apple today previewed macOS Catalina, the latest version of the world’s most advanced desktop operating system, packed with cool new features, fresh new apps and powerful new technology for developers.

新しいmacOS「Catalina(カタリナ)」も発表がありました。

いちばんキニナルのは、Sidecarと呼ばれる機能ですね。

SidecarはiPadがMacの拡張ディスプレイになる機能が追加されます。
つまり、iPadを高精度の描画タブレットとしても使用できることになります。

ワイヤレスで接続も可能とのことで、外でAdobe Illustrator使って編集ができる、なんてこともできるかもしれません。

これ聞いてまじかーってなった。公式でワイヤレス接続を担保してくれるの、とてもうれしい!!
(しかしながら、iPadの液タブ化アプリが死滅しそうなことを平気でやってくる、Apple怖い・・・。)

しもしものイラスト制作事情

しもしものイラストができるまで使っているツール、ソフトウェアを描いてみました。
デジタルイラストのみです。透明水彩のアナログイラストは含めていません。
(アナログイラストはまた今度書きますね。)

今はほとんどのイラスト制作はiPad Pro(第3世代)+CLIP STUDIO PAINT iPadでやっています。
画像作成まで行って、SNS投稿はiPadで済ますことも、しばしば。

制作イラストのデータや画像をDropbox経由で連携して、Win機でソフト使って編集し、入稿データを作ったりしています。

ペンタブは持っていますが、あまり使っていません……。illustratorでお絵描きするときぐらい。

先日紹介したPixiv Sketchでの生配信はPC版CLIP STUDIO PAINTとduet Proで行っていますね。
イラストの実際の作業はすべてiPadで行っていることになります。

「duet Pro」「CLIP STUDIO PAINT」「pixiv Sketch」でイラストのライブ配信してみた

以前からiPadだけでイラストLive配信に挑戦していますが、今あるもので組み合わせてできないかレッツトライ中です。 今回はPCとiPad、Apple Pencil、iPadアプリ、PCペイントソフトでできるライブ配信に挑戦してみました。 以前の記事では初代iPadProだけだと、ライブ配信自体が不安定になることが多くありました。 私がイラストを描いている環境は初代iPadProで、作業している環境でどうにかライブ配信できるかどうか、レッツトライ!してみました。 今回、ライブ配信で使用するのは「pixiv Sketch LIVE」です。この機能は「pixiv」が提供しているお絵描き用ライブ配信機能です。 「duet Pro」で映している画面で、PC版「CLIP STUDIO PAINT」でお絵描きしているのが配信できるか試してみました。 私のPCのスペックはこちらの記事をご覧ください。 今回、使用するアプリなどの全体図です。声を配信する場合は、マイクが必要になってきます。 では、さっそくライブ配信してみましょう! 必要なソフトをPCにインストールします。 イラスト制作用の「CLIP STUDIO PAINT」、iPadにPC画面を映すため「duet Display」です。 各々のインストール方法は、HPにて詳細をご確認ください。 「CLIP STUDIO PAINT」 「duet Display」 iPadProにPC画面を映すため、「duet」アプリをインストールします。 筆圧機能を使用する場合、Pro版へアップグレードする必要があります。 アップグレード方法は以下の記事に記載していますので、詳細は以下のリンクをご覧ください。 「duet」アプリを起動し、PCに繋いでいるLightningケーブルをiPadに接続させてPCのディスプレイを表示させます。 iPadに表示させた画面に「CLIP STUDIO PAINT」を表示させておきます。 「pixiv Sketch」を利用するために、「pixiv」のアカウントが必要です。 「pixiv」アカウントを作成し、GoogleChromeで「pixiv」にログインします。 GoogleChromeをインストールしてなければ、GoogleChromeをインストールして「pixiv」にログインしてください。 pixivにログイン後、pixiv Sketch 上部にある「ライブ配信する」リンクを押下。 今回配信する基本設定を行います。 サムネイルの設定(設定しなければ、キャプチャー画像が表示されます) 配信タイトル 放送説明文 みんなと一緒に描く チェックボックスをはずす(4人までであればキャンパスの画面共有ができます) 限定公開にする(URLを知っている人のみ閲覧できるかどうか設定できます) 閲覧できる年齢を制限する(全年齢、R-15枠、R-18枠) 初めて「pixiv Sketch LIVE」で画面共有で配信を行う場合、GoogleChromeの拡張「pixiv Sketch LIVE」をインストールする必要があります。 ポップアップが表示されるので、GoogleChromeの拡張「pixiv Sketch LIVE」をインストールしてください。 インストールが完了すると、拡張機能に表示されます。 GoogleChromeの拡張をインストールすることで、PCの画面キャプチャをすることができます。 他にも「画面全体」「アプリケーションウィンドウ」「Webカメラ」で配信することも可能です。 今回は「CLIP STUDIO PAINT」のお絵描きを配信するので「アプリケーションウィンドウ」を選択。 アプリケーションは「CLIP STUDIO PAINT」を選択します。 配信始めると、配信中でも行える設定があるので、その設定を行います。 画面共有、Webカメラ切り替え 画面の共有方法を変更したい場合、切り替えることができます。 マイク ON/OFF 自分の声をライブ配信で配信することができます。 字幕 ON/OFF マイクが必要になりますが、自分の声でやり取りしたいけど、声は聞かれたくない場合、字幕表示することで、視聴者とやり取りすることが可能になります。 チャット機能 「pixiv Sketch LIVE」ではpixivアカウント同士でチャットすることが可能です。チャットを閲覧することができます。 チャット読み上げ ON/OFF 上のチャットが投稿された場合、読み上げを行うかどうか切り替えることができます。 …

PCがWin機であることの痛手

上に書いた恩恵は新しいmacOSとiPadOSにしないといけないってことでして。

エンジニアの作業はWin機だったこと、Officeを使うことがあるなどの理由から、Win機だったため、もしこの恩恵を受けるにはMac買わないといけないってことになるんですよね。

Win機に乗っている同じメモリ16GBのPCとなると、最低21万いるってさ……。保証のんとか付けたら、23万くらいはいるよね……。

まじかー。まじかぁ。

スマホも最近調子悪くて、そろそろ買い替え時期見てたんだけど……。
Apple Watchも欲しくなってたんだけど。
むきゅー。

しもしものガジェット系の今後の予定

ツールが進化してついていくのは大事だとは思っています。

古い手法していて、突然使えなくなって、仕事できないってなったら、えらいっちゃなわけでして。
Adobeだって古いソフトウェアを足きりするようなことがあったりしてて騒ぎになったばかりだし。

なによりお絵描きができなくなるのが、イヤ!

ただ、現状、仕事行ってなくて、ガジェットをポンポン買えるようなお金は持っていない。
優先度は考えないと……ですね。

自動アップデートをオフにする

iPad Proの設定のなかでiOSのアップデートを自動で行う設定があります。
iPadOSのリリースの方法はどうなるかわかりませんが、念のため、自動アップデートをオフにしておいたほうがよいと思います。

設定アプリを開く>「一般」>ソフトウェア・アップデート>「自動アップデート」をオフに。

たぶん、これで勝手にアップデートされた!?で泣くことはないと思います。
(違う方法だった場合、わかり次第、ここに追記します。)

新「iPadOS」は初代iPad Proで試す

iPadOSがリリースしても、すぐにiOSが使えなくなるということはないと思います。

幸い、iPad Proが初代と第3世代と2つあるので、新しいiPadOSが使えるかどうかを試すことができます。初代iPad Proをアップデートして試してイラスト制作に支障がないようなら、第3世代も「iPadOS」変更する予定です。

私が普段使っているアプリが使えるかどうかも、今後ブログに書くはず……。

ガジェット貯金しておく

今後、おそらく、iPadをワイヤレスで使用するってこと考えたら、MacPCほしいなぁってなるでしょう。

優先度は、iPhone > MacBook Pro > Apple Watchかな……。

iPhoneはほんと調子悪くて、動かないこともあるので……。連絡手段の生命線が消えるのはよくない……。こちらは新しいiPhoneの情報が出次第、検討する予定。(例年通りなら、9月以降ですね。)
優先する機能はカメラをですね。ブログで使用している写真はiPhoneで十分なので。

今後、iPadワイヤレス機能は私はいろんな情報収集して、自分で考えて買うこと検討したいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「WWDC 2019」は、ほんと驚きの発表でしたね。
快適で楽しいお絵描きライフを送れるように、今後も努力していきたいです。

シェアする

 - Interested , , ,