レッツトライ!しもしも

イラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

絵描きのオフ会で表参道にある『文房具カフェ』に行ってみた

      2019/07/10

美味しいごはんや甘いモノ食べながら絵が描けたらイイなぁ、って思ったことありませんか?
先日Twitterで見かけて絵描き友達と話が盛り上がったので、文房具カフェに行ってきました。

文房具カフェ

文房具カフェは、表参道にある文房具をたくさん取り扱っているカフェです。

https://www.bun-cafe.com/

2019年4月中旬にリニューアルされました。

実はこのころのに訪問予定だったのですが、リニューアルと被ってしまい、行けず。
今回、遊びにいくことができてうれしかったです。

2週間のうちに2度ほど友人と訪問させていただきました。(休日昼、休日夜。違う友人と2人で)

絵描きにうれしい、画材がたくさん!

入ってきて、目に飛び込んできたのは、ほんと、文房具がたくさん!!

実はオープンしたての頃に1度訪問したことがあるのですが、昔より文房具の量、パワーアップしてません!?
リニューアルで増えたのかなぁ……?

いちばんびっくりしたのが、コピックがたくさんあるってこと!濃い色から淡い色までありました。
実はこれ目当てに来たんですよね~。

透明水彩色鉛筆や、さまざまなペン、私にとってなじみのないクレヨンやクレパスなど、画材がとてもたくさんあります!

絵描きはどうしても画材のほうに目がいってしまうのですが、筆ペンや、ボールペンも多数。手帳やノートにつかうことができる書くことにも注力されています。

定規やハサミなどもあり、LOFTや東急ハンズなどで見かける文房具は置いてあるように感じました。
また、マスキングテープや手帳用のシールも多数置いてあり、マステ好きにもたまらん空間ですね。

(描くことに夢中で店内の文房具の写真を撮り損ねてしまったので、別日に写真撮りに訪問したいと思います。)

ランチョンマットが塗り絵、ケチャップ絵描きもできる

席に着席してみると、ランチョンマットが塗り絵に……!
とってもかわいらしい、文房具カフェにある文房具やカフェのイラストです。

左側にポシェットは使いたい文房具を持ってくるためのかばんで。そこに文房具を入れて、テーブルに持ってきます。使った文房具も後片付けも自分で行います。

店員さんがお話では、このランチョンマットとても良い紙らしい。
たしかにコピックでがりがり塗っても、テーブルに移らないくらい丈夫な紙でした。

こんなかわいい塗り絵があるから、アナログ線画が描けなくて…って方も、塗り絵だけで絵描きが楽しめますよ!
実際、1度目の訪問ではこのランチョンマットでコピックやクレヨンぬりぬりを楽しませていただきました。

しもしも on Twitter

描けましたん(*⁰▿⁰*)

ランチョンマットの裏に絵を描いて、実際置いてあるハサミで裁断して、イラスト交換しあったりなど。( 他にも紙や画用紙もあるって知ったり。2度目の訪問でも知らなかった笑)

また、メニューの中には、ケチャップで絵を描くことができるごはんも!
ケチャップがちゃんと出しやすいチューブで、これもめっちゃ描きやすかったです。

文房具カフェ行ってみて

書く、描くが好きな人にはとっても夢の空間

美味しいごはんと甘いモノ食べながら文房具にたくさん触れることができるカフェでした。

コピックはすべての種類があるわけではない(0番などの透明色がない)ですが、十分絵が描けるって証明されましたし。

しもしも on Twitter

乃中ハコちゃんにケモミミ描いていただきました めっちゃかわいくて昇天した😇😇😇✨✨✨

今回はコピックを久々触りたくて描いていましたが、ほかにも文房具・画材はたくさんあります。水彩色鉛筆に使える水筆も用意されていましたし、耐水性のペンや鉛筆も色んな固さがあったので、手ぶらで行ってもめっちゃ楽しめます。

紙は種類が少ないので、絵の持ち帰りを考えると、自分の好きなノート、スケッチブックは持ってきておくといいかも?

画用紙の存在をに気づいていなかったから、なくてもほんと絵描きして遊べます!ランチョンマットの紙、めっちゃよかったですし。1度目の訪問でははがきサイズの紙もいただけたりしました。。

紙にもこだわりあるぜぇって人はぜひ持って行って試してほしいですね。

絵描きのオフ会として利用するのは、満足できる場所ではないでしょうか。

お値段はちょっとお高め

文房具カフェは通常のカフェのお値段と比べると、ちょっとお値段はお高いです。(2割3割増し感)これは、文房具の使用料も入っているとみて考えていいでしょう。
カフェごはんの量も少なくなく、男性でも満足できる量だと思います。味もほんとおいしい。

むしろ、あれだけの文房具の量と滞在時間を考えると良心的なお値段だと思えますね。

いやほんと、黙々と描いててもぜんぜんOKで、美味しいごはんと甘いモノ食べながら絵が描けるカフェって存在するんだなぁって思いました。

ゆっくり絵描きを楽しみたいなら、休日夜か平日がおすすめ

1度目の訪問は休日のランチ時に訪問させていただきました。
そのときは席が満席になってしまい、着席から2時間制になってしまいました。やっぱり人気ですね!

そのとき、店長さんからゆっくり楽しみたいなら休日夜か平日がおすすめだと教えてくださいました。

2回目の訪問時は休日の夜に行かせていただいたのですが、完成するまでイラスト描く時間たっぷり取れて4時間ほどいることができました。

周りはおしゃべりしてる中、ガチでもくもくと描いていました。それでも店員さんが声かけてくることが少なくて、距離感もとてもよく、ずっと描いてました。

大満足でした。ほんと長い間遊ばせていただき、ありがとうございました。

文房具カフェの会員になりました

この空間が気にいってしまい、文房具カフェの会員になりました。

店長さんから、会員登録をすると、鍵を渡されたのですが、この鍵を使って秘密の文房具や裏メニューが食べられるのだとか。あと、カフェや購入できる文房具もお買い得になったりと、特典多かったです。

また遊びにきたいなぁという気持ちも込めて。

まとめ

絵描きにとっても夢の空間だった『文房具カフェ』でした。
ほんととっても楽しかったです!一緒に行った友人お二人、ありがとうございました!また行きましょ~!

絵描きさん、オフ会に『文房具カフェ』いかがでしょうか。

https://www.bun-cafe.com/

サンリオキャラクターズとのコラボも

2019年07月17日~2019年09月19日まで、「サンリオキャラクターズのアトリエ 文房具カフェ」が開催されるとのことです。
後日、遊びに行けたら、追記いたしますね。

シェアする

 - Illustration, Lifestyle ,