初めて万年筆とインク買ってみた 『Kaweco × BUNGUBOX June Bride Something Blue』『Pen Style Kobe INK物語 第13集 「布引エメラルド」』

Lifestyle

タイトルが長くなったのはご了承。

最近、創作される方とやり取りが増え、一筆書くことが多くなってきました。

せっかくだから、いい筆記用具で書いてみたい。
お気に入りの筆記用具、見つけてきました。

大切は人に一筆書く機会が増えてきた

最近、創作される方とやり取りが増え、お手紙や一筆添えたりなど、書くことが多くなってきました。

せっかくだから、いい筆記用具で、しかも同じインクを使い続けて、お手紙を書く。

そういうのに、とても憧れてまして。やってみたいなぁと。

「BUNGUBOX」表参道店

先日の「文房具カフェ」さんの1度目の訪問の際、一緒に行った友人と万年筆のことで盛り上がりまして。

近くに万年筆とインクのお店があるとわかり、「BUNGUBOX」さんに訪れることにしました。

東京メトロ表参道駅からとても近いのですが、人通り多い道からちょっと入ったところにあるお店。隠れ家的な外観で、知っている人が訪れる雰囲気がとても印象的だったことを覚えています。

オリジナルインクが多数売られている「BUNGUBOX」

お店行ってから知ったのですが、東京メトロのインクや「BUNGUBOX」さんオリジナルのインクが置いてあります。

気になったのは、12星座の色味を考えたインク「スダモモコ INK ZODIAC」。
どれもいい色合いでしたね。
私の誕生星座のみずがめ座はまだ販売されてなかったので、それはまた今度訪れるとして。

私は、自分の描いたイラストを見せて、この色味に似ているインクを探しているとお伝えすると、店員さんが快く探してくださいました。しかも、この店に売られていないインク……!

初めてここまで優しくしていただけるとは思ってもなかった……!

ためし書きを心ゆくまで試せる

また「BUNGUBOX」さんで販売されている万年筆でためし書きをすることができます。

私は、PILOTカクノ、TWSBI、Kawecoを触らせていただきました。

販売されているインクもすべてためし書きできるそうな。すごいです。

PILOTのコンバーター付きが限定で売られていたり。
万年筆、ぜんぜん詳しくないけど、このお店、万年筆使っている方なら、有名なのかなぁ……。
偶然だけど、とても素敵なお店に来たようですね。

ゲットした万年筆とインク

友人や店員さんとやり取りして、万年筆とインク手にすることができました。
せっかくなので、ご紹介させてください。

『Kaweco × BUNGUBOX June Bride Something Blue』

『Kaweco × BUNGUBOX June Bride Something Blue』です。
トリムカラーはゴールド、ペン先はMです。

軸の色がとてもきれいで一目ぼれしちゃいました。
しばらく1本でずっと使えるメインの万年筆をと探していたのと、別の買っても、きっとほしくなるって思っちゃってですね……。思い切りました。

あと、ホルダー部分は別売でして、こちらもKawecoのものです。銅の色合いが好きだったので、こちらをいただきました。

購入してから気が付いたのですが、ダンナが使っているポールペンもKawecoのものだったらしく。
夫婦そろって筆記用具がKawecoなの、うれしかったです。

『Pen Style Kobe INK物語 第13集 「布引エメラルド」』

インクは「BUNGUBOX」さんに気になっている色に近い色を教えていただき、別日に購入いたしました。

それが『Pen Style Kobe INK物語 第13集 「布引エメラルド」』です。

PenStyle Kobe INK物語 第13集 | 布引エメラルド | ナガサワ文具センター
【 PenStyle Kobe INK物語 第13集 | 布引エメラルド 】 日本三大神滝として平安朝から詠まれてきた布引滝。 そんな布引の素晴らしい世界を透明感のあるエメラルドグリーンで表現しました。 オリジナル万年筆インク「KobeINK物語」開発秘話 人にはモノを見るとき大きく分けて「形から入るタイプ」と「色から...

濃い部分はとてもきれいな緑色、薄い色の部分が青くなりすごく気に入っています。

私は太めの線がすきでして、いろいろためし書きをさせていただいたら太めのほうが好きみたいです。インクの色とかしっかりでるのが好きですね。
これからはこの万年筆とインクでいろいろ書いたり、描いたりしたい…!

まとめ

大切な人の想いを綴るため、イラストのアイディア考えるため、たくさん使い倒したいですね。
「BUNGUBOX」さん、ありがとうございました!

これからも一緒に行った友人とこれからも万年筆やインクで盛り上がりたいなぁ。

東京インターナショナルペンショー2019

BUNGUBOXさんにおじゃましたときに「かく」をたのしむイベント「東京インターナショナルペンショー2019」について教えていただきました。

東京インターナショナルペンショー2020   TOKYO INTERNATIONAL PEN SHOW 2018 – Writing Triangle≪PEN & INK & PAPER≫

とてもおもしろそうなので、イベントに行ってみようかと。
気になる方はぜひぜひ。