レッツトライ!しもしも

エンジニアときどきイラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

4人パーティで竜王に挑め!リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」に行ってみた

   

行ってきましたよぉぉ!「竜王迷宮からの脱出」!
名作「ドラゴンクエスト」シリーズが30周年を迎え、さまざまな企画が催されています。遊び仲間たちとともに冒険へ行ってきました。

リアル脱出ゲームとは

リアル脱出ゲームとは、ネットの無料ゲームを発端に爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」のフォーマットそのままに、現実世界に移し替えた大胆なイベントのことです。

リアル脱出ゲーム OFFICIAL WEB SITE

No Description

マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されてます。
2007年に初開催された日本だけでなく、上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で200万人以上を参加動員しているイベントです。

制限時間内に論理パズルやイベントに出てきた情報をフルに活用してゲームクリアを目指します。複数人のグループで挑むことが多いですね。

最近では漫画やゲームなどのテーマを取り入れることが多く、テーマにした内容が盛り込まれた世界観で謎解きもできることができます。

私が過去に行ったことがあるイベントは以下のものです。よかったらどうぞ!

実は、参加したイベントは脱出失敗にできず……。今回は脱出したい!と意気込んで参加しました。

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」

今回参加したのは「ドラゴンクエスト」をテーマにした『リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」』です。

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」

ドラゴンクエストの世界をリアルに体感!リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」2016年5月幕張メッセにて開催!あなたは竜王の復活を止めることができるか?

「戦士」「僧侶」「魔法使い」「遊び人」4人パーティで組んで、竜王に挑みます!

いっしょに参加したメンバーは8人でした。HPにある職業診断があり、実際に参加するメンバー結果を基に職業を決めましたよ。わたしは「がんばりやの魔法使い」として参加しましたよ!

今回は脱出成功!ただし……

結果は……脱出に成功しました!

今回のイベントは特別にコンテニューができるようになっています。1発成功ではなく、コンテニュー1回しちゃいました。

竜王城で 全滅してしまったパーティは教会で復活することができます。 しかし、ゴールド(1人1,000円)が失われます。竜王城以外でしんでしまうことはありません。 竜王城での敗戦から復活したパーティなら、きっと次は竜王に勝てるはずです。

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「竜王迷宮からの脱出」HPから引用。

コンテニュー使えど、ちゃんと脱出してエンディングに辿りつくことができてよかったぁ。

ネタバレ厳禁!なので、感想をつらつらと

会場のスタッフの方々が言っていましたが、このイベントで恐ろしいのが、竜王よりネタバレ。このイベントは内部の写真やネタバレになる投稿は禁止されています。ネタバレしない程度に感想を書かせていただきますね。

リアルで「ドラゴンクエスト」の世界を体験できた

本編の謎解きでも「ドラゴンクエスト」に登場する道具や装備、とくぎ、呪文など関連するものを使っていました。

会場のBGMはゲームでフィールドにいるBGMが流れていて、お金を使用するときはG(ゴールド)で言われたり、スタッフさんたちもよく出てくるNPCに扮していたり。

4人パーティでそれぞれ活躍の場が設けられていました。徐々にパーティの中でチームワークが生まれていったのもすごく良かったです。人が多くて前のかばんの紐などを持つなどして、おなじみの縦に並んで隊列組んで冒険することも経験できました。

さらに、本編とは関係ないけど、よく探すと「ドラゴンクエスト」の小ネタもたくさんあって……
「ドラゴンクエスト」をプレイしたことがあるなら「あぁ、これこれ!」と思わせる満載でした!

ドラゴンクエストの世界に入って冒険できて、私はすごく満足しています!

リアル脱出ゲームのテーマなっている原作は、一度プレイしていると楽しさが何倍にもなります!

謎解き自体は難易度はちょうどよかった

私は謎解き自体はちょうど良い難易度だったと思っています。

入場して、ある程度までは制限時間がなく謎に挑むことができるので、今までのリアル脱出ゲームよりは時間があります。このへんは難易度は下がっていました。初めての人でも途中まではなんなくできたのではないでしょうか。

中盤あたりからぐーんと難易度が上がり、さらに最終局面で大きな壁た立ちはだかるのは、SCRAP企画おなじみですね。

あえて言うならありとあらゆる情報をうまく使うことが、脱出のカギです!

コンテニュー制度は賛否両論でした

脱出後、友人たちと話していて「コンテニュー」のときにお金を払うことが話題にあがりました。

「1000円高くても、このイベントに参加する人は多いはず。だから、後からお金を取られるのはちょっと……。」

と感じてしまう人も。たしかに、わたしも1000G(ゴールド)を徴収するシスターさんがかなり腹黒く見えてしまいました。笑

あるイミ「ドラゴンクエスト」のコンテニューをリアル再現したらあんなかんじなのかなー。と納得していたのですが、今後、もしイベントがあるなら工夫してほしいところではあるかもですね。

とにかく歩く!人が多い!味わったことのない疲労感

会場が幕張メッセだったので予想はしていたのですが、会場がとても広く、行ったり来たり。ものすっごく歩きました。体感、3~4km位歩いたんじゃないでしょうか。体力のない私は帰りが眠くてねむくて、電車の中では友達と会話することもできずでした……。

ゲームだと十字キーで操作するだけで自分の体力は疲れませんが、リアルだとこっんなにもキャラクターは歩かされているんだと思うと、実際のゲームでも効率的に回ってあげたいなぁという気持ちにさせられました。

あと、とにかく人が多い!1時間ごとに入場する人数が決まっていて制限されていました。歩き回ることが多いので、人の渋滞が起こってしまって、もみくちゃにされることはまずなかったです。

しかし、今回一緒に行ったメンバーでも、あまりにも人の多さにゲームを途中離脱しちゃったお友達も……。

会場の広いリアル脱出ゲームは運動靴など歩きやすい靴を履いていくこと、体調を万全にして臨むことをおススメいたします!

まとめ

リアルで「ドラゴンクエスト」を体験して楽しめました!とても充実した時間「ドラクエ充」でした!脱出もできて満足です。いっしょに参加したパーティ、ほんとにみんな頼もしかったです!いっしょに参加したメンバーもお疲れ様でした!

ホームページのURLから察するに、もしかしたら来年も開催されるかも?リアル脱出ゲーム「ドラゴンクエスト」の続編が来てくれるとうれしいなぁ。

シェアする

 - Games, Lifestyle , , ,