レッツトライ!しもしも

エンジニアときどきイラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

セルフドリップ専門店「MINEDRIP COFFEE」に行ってきた

   

友人に新宿にセルフドリップのお店があると誘われまして、新宿ルミネNeWomanにあるセルフドリップ専門店「MINEDRIP COFFEEポップアップストア」へ行ってきました。

「MINEDRIP COFFEE ポップアップストア」

MINEDRIP COFFEE(マインドリップ・コーヒー)は、世界でも珍しい「体験するセルフドリップコーヒーの専門店」です。新宿ルミネNeWoMan6階屋上「the CAMPus」に出店されています。

セルフドリップ専門店 MINEDRIP COFFEE<マインドリップコーヒー>

MINEDRIP COFFEE(マインドリップ・コーヒー)は世界でも珍しい「体験するセルフドリップコーヒーの専門店」です。日本を代表する世界屈指のロースター達が選んだスペシャルティコーヒーお届けします。

レッツトライ!コーヒードリップ!

豆を選ぶところから

20161109-01

数種類の中からお豆を選ぶことができます。在庫がない場合がありますから、スタッフさんの案内をよく聞きましょう。

挽く前の豆の香りを嗅がせてもらうことができます。私は香りがカラダに合っててピィンときた「NAGASAWA COFFEE」を。友人は「Gakenke Coko」チョイスしました。

選んだ豆を挽いてもらい、ドリップ

淹れる前に、目安となる時間や淹れ方が書いてあるシートを渡されます。
ココに書かれている内容は選んだ豆によって淹れ方が異なります。「Gakenke Coko」はこんなかんじ。
20161109-04
「NAGASAWA COFFEE」はこんなかんじ。
20161109-03
さらに、その日に選んだ豆でおいしいドリップが飲めるようにスタッフさんがアシストしてくれます。

友人が選んだ「Gakenke Coko」は、かなりクセのあるお豆だったようで、スタッフさんの昨日の飲んだ感じやら、友人と会話をしつつ、挽き方やドリップするときにどのくらい攪拌するかなど、シートに書かれていない細かなことも話されていました。

自分ひとりじゃ思いつかないこともいろいろ教えてくれます。
測りにタイマーと重さが同時に表示ができるスケールです。ポットはカリタ製。ちゃんとした道具でドリップできちゃいます。
20161109-thum

飲んでみて、感想を伝えてみる

コーヒーの味や香りの表現には代表的なものがありますが、まずは自分の言葉で飲んだ感想を伝えることが大事だと教わっていたので、ちゃんと伝えました。
スタッフさん、ちゃんと受けて止めてくれて、ホッとしました。

スタッフさんとコーヒートーク

飲んでみた感想を交えつつ、スタッフさんとコーヒーの話することができました。
東京ビックサイトで開催された「SCAJ2016」でのお話や、コーヒーを淹れるためのミルのお話だったり。
コーヒーについて、深い知識を身に付けることができて、うれしい。

ドリップのお題は「おひねり」で

ドリップのお代はおひねり制とのこと。ビンにお代を入れました。

「MINEDRIP COFFEE」のイイトコロ

はじめてセリフドリップのお店に行ってみて、イイトコロがたくさん!ちょっとまとめてみました。

コーヒードリップの仕方が学べる

コーヒーの入れるプロにコーヒードリップの仕方が学べます。
見よう見まねでやるのとちゃんと一度教えてもらうのとでは、今後のコーヒーを淹れ方が変わってきます。結構時間にシビアだったってこともすごくわかりましたし、こだわるところもすごくよくわかってコーヒーのスキルレベルアーップ!

コーヒードリップの道具が使える

実際にコーヒーを入れて使えるので、これから購入を考えている方にピッタリです!とくに「カリタ ステンレス製細口ポット 0.7L」は実際どのように淹れるのか実際に使うことができて、使うイメージもできましたし、すごくうれしかったです。

使った道具がよかったので、備忘録がてら、載せておきますね。(私は引っ越ししてキッチンが広くなったら……楽しみです。)

コーヒー界隈の最新情報を聞くことができる

東京ビックサイトで開催された「SCAJ2016」でのお話も聞くことができました。

SCAJ2016 | アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント | オフィシャルサイト

日本最大のスペシャルティコーヒーイベント SCAJ2016 東京ビッグサイト 2016年9月28月-30日 開催!

私が興味深かったのは、コーヒー器具メーカー『Kalita』がバブルラボと共同で開発したロボットアームで人の動きを完全に再現したハンドドリップマシーンですね。エンジニアとしても興味深い話でした。

コーヒー器具メーカー『Kalita』、日本初上陸のロボットアームを用いたハンドドリップマシーンを発表

バブルラボとの共同開発で生まれたロボットアームのハンドドリップマシーン 日本最大のスペシャルティコーヒーイベント SCAJ2016にてカリタは人の動きを完全に再現したハンドドリップマシーンを発表いたします。 世界を代表する人気コーヒーショップのバリスタが登場! ハンドドリップ実演「WAVE SHOW」を開催! またSCAJでは、世界を代表する人気コーヒーショップのバリスタによるハンドドリップデモンストレーション「WAVE SHOW」を行います。 「WAVE SHOW」の”WAVE”とは、Kalitaのオリジナルプロダクト”ウェーブシリーズ”のこと。初心者からプロまでが愛用する同シリーズのドリッパーを使って、バリスタが丁寧にハンドドリップ。その様子を間近で見られるだけでなく、淹れたてのコーヒーを味わうことができる貴重な機会となっています。 ■ 参加コーヒーショップ/バリスタ (アルファベット順) Fuglen TOKYO (渋谷) / 小島賢治 LIGHT UP COFFEE (吉祥寺) / 川野優馬 The Coffee Collective (デンマーク)・PNB COFFEE (中目黒) / ピーター・ブル TRUNK COFFEE (名古屋) / 鈴木康夫 詳細はこちらから http://www.kalita.co.jp/news/content.php?id=29 SCAJ2016 (SCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション 2016) 日時:9月28日(水)~30日(金) 10:00~17:00 (最終日は16:00まで) 会場:東京ビッグサイト 西4ホール 主催:一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会 入場料:1500円(3日共通/事前登録を行うと1000円) URL: http://www.scajconference.jp/ 【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】 株式会社 カリタ (KALITA CO.,LTD.) 広報担当 高岡 and@kalita.co.jp 〒221-0021 横浜市神奈川区子安通1-111-1 TEL.045(440)6444 FAX.

こんなお話が聞けるのも、セルフドリップで目の前のスタッフとお話しながらやるからですよね。

新鮮なコーヒー豆のコーヒーが飲める

そして、なにより新鮮なコーヒー豆で自分でドリップしたコーヒーが飲めるということ。

最初の蒸らしの時の膨らみがとても綺麗にふわっとなった瞬間を見ることができます。お家にはミルはないから、ふだんはコーヒー豆を開けた時だけ。淹れるのに必死で写真を撮り損ねちゃいましたが、ほんと香りもすごくよくて心ときめきました!

まとめ

20161109-02
豆と道具が異なるだけで自分で淹れたコーヒーでも、こんなにも美味しいんですね。コーヒーについて楽しい会話をすることもできましたし、これからコーヒーとどう向き合うかいい機会をいただきました。ごちそうさまでした!

誘ってくれた友人にも感謝かんしゃ!ありがとうございました!

「MINEDRIP COFFEE」(マインドリップ・コーヒー)

MINEDRIP COFFEE(マインドリップ・コーヒー)は、世界でも珍しい「体験するセルフドリップコーヒーの専門店」です。新宿ルミネNeWoMan6階屋上「the CAMPus」にて出店されています。

新宿ルミネNeWoMan出店は2016年11月30日までとのことですので、気になる方はお早めに!

セルフドリップ専門店 MINEDRIP COFFEE<マインドリップコーヒー>

MINEDRIP COFFEE(マインドリップ・コーヒー)は世界でも珍しい「体験するセルフドリップコーヒーの専門店」です。日本を代表する世界屈指のロースター達が選んだスペシャルティコーヒーお届けします。

シェアする

 - Lifestyle ,