レッツトライ!しもしも

エンジニアときどきイラストレーターのしもしもがレッツトライ!したことを描くブログ

iPadPro液晶保護フィルム「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」が描き味が紙に近くてすごくイイ

      2017/11/27

よりよいiPadProイラスト環境を求めて、いろんなこと試してみています。今回はiPadPro用液晶保護フィルム「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」を使ってみました。

ペーパーライクの液晶保護フィルム「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」

以前はこの液晶保護フィルムを使っていました。

このフィルム、安いし、透明度がとてもよく見た目はとてもよかったです。1年間使っていても傷ついたり、気泡が入ったり、はがれたりすることはありませんでした。
ただフィルムはツルツルしています。紙のような滑り心地というのは実現できていませんでした。

フィルムによっては紙のような書き味が実現できると知りまして、いろいろ調べてみたんですね。
そしたら、ここ紹介されていた液晶保護フィルム「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」だと、デコボコがを張り替えてイラスト描いてみました。

Apple Pencilの周辺。 | ezBlog

アニメーター・ビジュアルエフェクト・コンポジットなど色々やってる江面のブログです

実際「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」を使ってみて

2017年4月18日に届いて、さっそくつかってみました。
デコボコした感じが画用紙で鉛筆で描いている感じに近いです。タッチは確かに鈍くなってしましたが、この描き心地はやみつきになりますね!

液晶保護フィルムだけでこんなにも違うんだってびっくりした!

画面は「ClearView(クリアビュー)B01LSFGAOA」ちょっと白っぽい感じになります。最終的な色彩調整はiPadPro内ではなく、PCでやる方がいいかも?と思います。
(私のイラストの場合、最終調整はPCでやっているので問題なし。)

まとめ

自分に合ったiPadProのカスタマイズを日々精進ですね。
今回の液晶保護フィルムのように見つけて合いそうだったら積極的に取り入れていきたいです!

他にも私が使っているApple Pencilのアクセサリーの記事があるので、よければ以下のリンクからどうぞ!

Apple Pencilの紛失!2台目購入と紛失対策考えてみたらバンド付きペンホルダーに落ち着いた[イトウヤ カラーチャート]

やらかすんじゃないかって思ってたら、やっちゃいましたよ。今の私のイラスト制作に欠かせないものになっているのに失くすなんて……! 2代目、もとい2台目Apple Pencilが来るまでの経緯と紛失対策を考えてみました。 週末、お家にイラストを描こうとして、いつも入れるリュックの場所からApple Pencilを出そうと思ったら、ない。 リュックをひっくり返しても見つからず、数日前に外でイラストを描いた記憶があって、iPad Proを出した記憶のあるお店を訪れて聞いてみたけど、落し物はなし…。 今の私のイラスト制作に欠かせないものになってきたのに……! 思いっきりショック受けました。 Apple PencilはiPad Proのケースの磁石で吸い付くんですね。逆さにしても落ちない。なので、一緒に荷物に入れていたのが、なにかの拍子で取れちゃったんだと思います。 次の日、Apple Pencilをゲットすべく渋谷に。 AppleStore渋谷には在庫があって、すぐにゲットすることができました。 (家電量販店は在庫がなく、お取り寄せでした。) すぐにゲットできてよかったぁぁぁ。 発売当初は取り寄せだったのですが、在庫数が増えているみたいですね。 さて、これ以上、失くすわけにはいきません。 2台目Apple Pencilは失くさないようにするにはどうしたらいいか考えてみました。 モレスキンなどノートの改造によく出てくる「ペンホルダー」。 わたし、これ持っていたから試してみました。 このまま使うとApple Pencilがスルッと抜けてしまい、前より紛失の可能性大に。意味がないじゃないか。 iPad Proのケースに挟むのも画面にちょっと傷がいきそうで怖い。 むー、難しい。 Apple Pencilにクリップを付けてペンホルダーと合わせるとかどうよ? 方法はないかと探していたら、先人様がいらっしゃいました。 とある方が描いた、上記画像を見つけました。 この”Pencil Clip”、すごくよくないですか!?

Apple Pencilに合うのはどれだ!?鉛筆グリップ大戦争!

私はSE業の合間にイラストを描くので、通常の絵描きさんよりは長時間持ち続けることがあまりないです。なので、Apple Pencilそのまま1年以上も使っていました。 しかし、ここ最近、長時間持つ時も増えてきてて、疲れやすいなぁと感じていて。この際、自分に合う鉛筆グリップを探すことにしました。 そう、「鉛筆グリップ大戦争」が勃発したのです。 Apple …

シェアする

 - Illustration